備 考

●シーズンを通して中止の確率は2割程度です。低気圧の動きに注意が必要です。

●天候や諸条件などを考慮して内容を途中変更する場合があります。

●三段山周辺全域は国立公園の特別保護地域に指定されています。特別保護地域を自由に闊歩できるのもこのツアーの魅力ですが、生態系にプレッシャーを与えるような行為は一切禁止いたします。動植物の保護にはくれぐれも御協力ください。


●天気について 傾向など

1月・・・粉雪の季節。雪質 は最高レベル、しかし冬型の気圧配置が続きお天気は安定しません。

      もしも1月の晴れ間に出会ったら、それはズバリ「大当たり!」
2月・・・さらに積雪が増えてお天気が安定してきます。雪質は概ね良好です。

      パウダーシーズンのピークを迎えます。週末は混雑するので予約はお早目に!
3月・・・天候に恵まれる機会が多くなります。暖かい日が多くなります。

      積雪量はピークを迎えます。パウダーシーズンから春スキーシーズンへ移行します。
 

 

NOTE 参加を希望される方は以下をよくお読みになりご理解ご了解の上お申し込み下さい。



参加可能な技術の目安


〈技術〉
●テレマークスキー(山スキー)を買った、そこそこ練習もした。バックカントリーに必要な物も揃った。

 そういう方に最適です。 ただし他の人に迷惑にならないようご自身の道具は自分で使えるようにしておいてください。

●強い体力や高い技術は必要ありません。

●参加にあたっての技術的体力的な目安は以下のとおりです。

・ゲレンデの中級斜面を転ばない程度
・基礎的なターンを習得していること
・キックターンができること
・テレマークターンができない場合は、ボーゲンが確実にできること
・片道3時間くらいの登山が可能な程度の体力


〈道具〉
このツアーは、次のいずれかの道具での参加を前提とします。

●テレマークスキー + スキーシール
●山スキー + スキーシール

●スノーボード +  スノーシュー

 

※ゲレンデ用スキーで参加する場合は 、スキーを購入されたお店に相談してください。シールや登坂用ビンディングへの交換が別途必要になります。

 個人が持参された道具について 個別に使い方を教えたり一緒に練習したり、あるいは故障破損の補償は一切いたしませんのでご了承ください。

〈その他の注意〉
●山頂への登山ではありません。
●スキーやボードは各自でお持ちください。

保険について

●傷害保険には加入しておりません。

●このツアーが加入している保険は、賠償責任保険と呼ばれるものです。

裁判によって主催者側に過失が認められた場合にのみ支払いの対象になります。

●滑降中や転倒などによる怪我は保険の対象にはなりません。手回り品(物損)も対象外です。これらのような、すべての リスクに対応するために、 各自で該当する保険にご加入されますようおすすめいたします。

旅行プランについて

●基本的にツアーの前後宿泊が理想ですが、解散後の列車移動や航空機の利用も可能です。しかしながらツアーの解散時間は あくまで目安であり確定率は90%くらいです。解散時間によっては交通機関に乗り遅れることも十分考えられます。また、お一人の都合のためにツアー進行を急ぐことは危険でもあり他の参加者の迷惑でもあります。くれぐれもご承知おきください。
●宿泊について迷ったりお困りのときは遠慮なくメールにてご相談ください。

 

危険回避と自己責任

●このツアーは危険を伴います。ここで予測される危険とは、転倒、滑落、雪崩 、衝突、悪天候による遭難などです。お手回り品の破損、紛失、参加者ご自身の負傷、死亡する可能性もあります。
これらのリスクを回避するためにガイドは常に考えられる限り最大かつ最良な対策を行います。そのためには参加者の皆様のご協力も不可欠です。参加を希望される皆様におかれましては、これらのことを十分に理解された上でご参加されますことをお願いいたします。
また、参加される皆様にはこれらについて何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

●次に該当する方の参加はお断わりします。
また参加者が次に該当することがツアー出発後に判明した場合は、実施途中であってもお断わりすることがあります。

健康に不安のある方、著しく酒気を帯びている方、精神状態の安定を欠く方、身勝手な行動や要求などでツアーの実施に支障をきたす恐れがある方、他の参加者に危険や不快感を 与える方、装備服装が不十分で参加が危険と判断される場合また改善のアドバイスを聞き入れない方、参加書類に虚偽の記入をした方、その他主催者またはガイドが判断した場合
(身勝手な行動や要求また上記の理由等でやむなくツアーが中止、中断、変更その他、他の参加者にとって不利益を被った場合は参加者全員への返金、損害補償などを求めます。また類似の理由からツアーの安全が脅かされた場合は刑事責任が及ぶ可能性もあります。)

●ガイドの指示に従い行動してください。また、実施内容やフィールドでの判断は100%ガイドに委ねられます。またツアーやガイド指示へのクレームなどは現場での判断を狂わせる大きな原因となることがありますので、ご不満でもツアー終了解散後に文書でお願いいたします。

●自分のことは自分ですること。

(靴や服装また装備などの準備や着脱、自分の荷物の運搬、管理、その他自己責任でなすべきこと全般。)

●個人的なアクシデントには自身で対処して下さい。

(転倒したら自分で起き上がる、靴紐は自分で締める、スキーは自分で履く、など)

●個人でお持込の手回り品や使用する道具が破損紛失した場合、また負傷などトラブルが発生した場合、当方は一切責任を追うことはできません。 各自所有の器具の取り扱いは自己責任をもって行ってください。

●不可抗力や予測不可能な自然現象に発生要因のある事故 、あるいは個人の技術不足や各自所有の道具の取り扱い不備による傷害・死亡について当方は補償責任を負いません。 それ以外(例:リーダーの予見不足や判断ミスによる大型遭難など)の賠償責任については管轄の裁判所に一切の判断を委ねます。

その他ご不明な点や質問がございましたら、ガイドの山小屋までメールでお寄せください。なお詳細なルート説明やデータ送信はお断りいたしますのでご了承ください。

《同業者のみなさまへ》同業ならびに関連業の方のなかには当ページの記載内容をそのまま、あるいは一部分を書き換えて使用している方がいらっしゃるとのことです。無断使用は絶対におやめください。 転用の許可をいたしますのでご面倒でも必ずご連絡ください。 (C)ガイドの山小屋

TOP